close
1.

図書

図書
坪井秀人編
出版情報: 京都 : 臨川書店, 2019.3
シリーズ名: 戦後日本を読みかえる ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
優生学的想像力 : 津島佑子『狩りの時代』を読む 美馬達哉 [著]
引揚者医療救護における組織的人工妊娠中絶 : 優生保護法前史 松原洋子 [著]
生殖管理の戦後 : 優生保護法成立前の中絶と主体をめぐって 柘植あづみ [著]
リブと依存の思想 : 中絶・子殺し・育てること 飯田祐子 [著]
『主婦之友』別冊附録にみる女性の身体 安井眞奈美 [著]
「肉体」から戦後を再考する : 田村泰次郎の「肉体文学」を中心に 光石亜由美 [著]
坂口安吾の戦後作品の肉体に見る「主体のゆらぎ」 : 「白痴」「魔の退屈」「戦争と一人の女」を中心に 狩俣真奈 [著]
洞窟からクリプトへ : 山城知佳子『肉屋の女』を読む 菅野優香 [著]
優生学的想像力 : 津島佑子『狩りの時代』を読む 美馬達哉 [著]
引揚者医療救護における組織的人工妊娠中絶 : 優生保護法前史 松原洋子 [著]
生殖管理の戦後 : 優生保護法成立前の中絶と主体をめぐって 柘植あづみ [著]
2.

図書

図書
柘植あづみ著
出版情報: 東京 : NTT出版, 2010.10
シリーズ名: NTT出版ライブラリーレゾナント ; 063
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
柘植あづみ, 菅野摂子, 石黒眞里著
出版情報: 京都 : 洛北出版, 2009.12
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
舘かおる編著
出版情報: 東京 : 作品社, 2008.4
シリーズ名: ジェンダー研究のフロンティア ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
エキゾチックな中絶薬 : 一八世紀大西洋世界における植物のジェンダー・ポリティクス ロンダ・シービンガー [著] ; 小川眞里子, 弓削尚子訳
シービンガーが切り拓く視座 : 植民地科学・ジェンダー・アグノトロジー 弓削尚子 [著]
科学言説と「女性」の構築 : E・クラークの女子高等教育論をめぐって 横山美和 [著]
科学技術の現場から : 工場法からテクノサイエンスまで 高橋さきの [著]
ウェブ世界の「ジェンダー」 舘かおる, 小山直子 [著]
ヨーロッパの科学研究におけるジェンダー平等の推進 ニコル・ドゥワンドル [著] ; 小川眞里子, 飯島亜衣訳
ヨーロッパにおける女性と科学政策について 小川眞里子 [著]
科学と技術におけるアジアの女性 小川眞里子 [著]
人口政策のストラテジー : 「産めよ殖やせよ」から「家族計画」へ 荻野美穂 [著]
少子化対策と特定不妊治療費助成事業 仙波由加里 [著]
身体・医療・ジェンダー 波平恵美子 [著]
生殖に関する人由来物質の資源化/材料化 : フランス「生命倫理法」における議論から 小門穂 [著]
研究用卵子提供の何が問題なのか : 韓国の黄禹錫論文捏造事件を中心に 洪賢秀 [著]
生殖技術と台湾社会 張瓊方 [著]
「女性にやさしい」機器のつくられ方 : 内診台を例にして 三村恭子 [ほか著]
DNA親子鑑定は「ふしだらな」女性にとっての救済策か? 武藤香織 [著]
「自分で決めた」という感覚の理論化に向けて 根村直美 [著]
生物医学に対するジェンダー・アプローチのフロンティア 柘植あづみ [著]
エキゾチックな中絶薬 : 一八世紀大西洋世界における植物のジェンダー・ポリティクス ロンダ・シービンガー [著] ; 小川眞里子, 弓削尚子訳
シービンガーが切り拓く視座 : 植民地科学・ジェンダー・アグノトロジー 弓削尚子 [著]
科学言説と「女性」の構築 : E・クラークの女子高等教育論をめぐって 横山美和 [著]
5.

図書

図書
柘植あづみ著
出版情報: 京都 : 松籟社, 1999.12
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
井上俊 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1996.3
シリーズ名: 岩波講座現代社会学 / 井上俊 [ほか] 編 ; 14
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
医療倫理の歴史社会学的考察 市野川容孝 [執筆]
先端医療政策論 : 現代社会における生と死の価値づけ 橳島次郎 [執筆]
誕生をめぐる「生命観」の変遷 柘植あづみ [執筆]
リプロダクティブ・ヘルス 綿貫礼子 [執筆]
医療に介入する社会学・序説 立岩真也 [執筆]
産業としての医療 : 公益・私益・集団益のトリレンマ 西村周三 [執筆]
エイズを通じた人類社会の新たな秩序 宗像恒次 [執筆]
患者からユーザーへ : 精神医療から考える患者-医療者関係とインフォームド・コンセント 高橋涼子 [執筆]
美と健康という病 : ジェンダーと身体管理のオブセッション 荻野美穂 [執筆]
死にゆく者 中川米造 [執筆]
死を看取る者たち 若林一美 [執筆]
「死」と「生命」研究の現状 森岡正博 [執筆]
医療倫理の歴史社会学的考察 市野川容孝 [執筆]
先端医療政策論 : 現代社会における生と死の価値づけ 橳島次郎 [執筆]
誕生をめぐる「生命観」の変遷 柘植あづみ [執筆]
7.

図書

図書
原ひろ子, 舘かおる編
出版情報: 東京 : 新曜社, 1991.9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
近代日本の母性とフェミニズム : 母性の権利から産育権へ 舘かおる [執筆]
ドイツの母性 : 過去と現在 姫岡とし子 [執筆]
ドイツの母性論争と女性運動 コーラ・シュテファン [執筆] ; 大貫敦子訳
ナチズム下の「母性」 コーラ・シュテファン [執筆] ; 大貫敦子訳
「母性」の誕生と天皇制 加納実紀代 [執筆]
働妻健母 渡邊洋子 [執筆]
母子の関係性の誕生 首藤美香子 [執筆]
人工妊娠中絶と女性の自己決定権 : 第二次世界大戦後の日本 荻野美穂 [執筆]
中絶を罰する刑法二一八条をめぐって : 母性の裏面とドイツの女性たち 寺崎あき子 [執筆]
生殖技術と母性の未来 柘植あずみ [執筆]
日独の少産化傾向 野村明代 [執筆]
近代日本の避妊 米田素子 [執筆]
「「授かる」から「つくる」へ」という思いこみ 中山まき子 [執筆]
自宅出産の現在 高橋由紀 [執筆]
「母性/父性」から「育児性」へ 大日向雅美 [執筆]
母性概念の変遷 : 職業と子どものはざまに揺れるヨーロッパの女性たち バーバラ・ズィヒターマン [執筆] ; 泉晶子訳
女性解放運動プログラムにおける実践的父性 バーバラ・ズィヒターマン [執筆] ; 泉晶子訳
ドイツの女性労働と育児支援システム 寺崎あき子 [執筆]
ドイツ統一とフェミニズム 姫岡とし子 [執筆]
次世代育成力 : 類としての課題 原ひろ子 [執筆]
近代日本の母性とフェミニズム : 母性の権利から産育権へ 舘かおる [執筆]
ドイツの母性 : 過去と現在 姫岡とし子 [執筆]
ドイツの母性論争と女性運動 コーラ・シュテファン [執筆] ; 大貫敦子訳