close
1.

図書

図書
国木田独歩, 宮崎湖処子 [著] ; 藤井淑禎, 新保邦寛校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.1
シリーズ名: 新日本古典文学大系 ; 明治編 ; 28
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
源叔父 国木田独歩 [作] ; 藤井淑禎校注
武蔵野 国木田独歩 [作] ; 藤井淑禎校注
欺かざるの記(抄) 国木田独歩 [作] ; 新保邦寛校注
帰省 宮崎湖処子 [著] ; 藤井淑禎校注
源叔父 国木田独歩 [作] ; 藤井淑禎校注
武蔵野 国木田独歩 [作] ; 藤井淑禎校注
欺かざるの記(抄) 国木田独歩 [作] ; 新保邦寛校注
2.

図書

図書
国木田独歩著
出版情報: 東京 : 学習研究社, 1978.3
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
國木田獨歩著 ; 中島健蔵編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.8
シリーズ名: 明治文学全集 ; 66
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
武蔵野
源おぢ
忘れえぬ人々
河霧
富岡先生
牛肉と馬鈴薯
女難
第三者
正直者
湯ケ原より
少年の悲哀
夫婦
春の鳥
運命論者
巡査
酒中日記
馬上の友
悪魔
画の悲み
空知川の岸辺
非凡なる凡人
鎌倉婦人
二少女
帽子
号外
恋を恋する人
竹の木戸
窮死
疲労
節操
二老人
都の友へ、 B生より
肱の侮辱
湯ケ原ゆき
鎌倉妙本寺懐古
秋の入日
群書ニ渉レ
アンビション
吉田松陰及び長州先輩に関して
不知庵訳「罪と罰」
養子
吾が知る少女の事を記す
波涛
大連湾占領後の海事通信
苦悶の叫
豊後の国佐伯
想出るまゝ
唯暗を見る
新体詩の現状
高山文学士の論文に就て
夜の赤坂
福沢翁の特性
陶庵侯に就て
予の作物と人気
余が日記の過去現在
自然を写す文章
我は如何にして小説家となりしか
十年前の田園生活
予が作品と事実
雑談
余と自然主義
病床雑記
愛読せる外国の小説戯曲
不可思議なる大自然
武蔵野
源おぢ
忘れえぬ人々
4.

図書

図書
国木田独歩[著] ; 塩田良平解説 ; 山田博光注釈
出版情報: 東京 : 角川書店, 1970.6
シリーズ名: 日本近代文学大系 ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
独歩吟
源おぢ
武蔵野
忘れえぬ人々
二少女
河霧
牛肉と馬鈴薯
富岡先生
少年の悲哀
空知川の岸辺
酒中日記
非凡なる凡人
運命論者
春の鳥
号外
窮死
竹の木戸
欺かざるの記 (抄)
独歩吟
源おぢ
武蔵野
5.

図書

図書
国木田, 独歩(1871-1908) ; 田山, 花袋(1871-1930)
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1970.3
シリーズ名: 現代日本文學大系 ; 11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
源おぢ 国木田独歩
武蔵野 国木田独歩
忘れえぬ人々 国木田独歩
牛肉と馬鈴薯 国木田独歩
富岡先生 国木田独歩
画の悲み 国木田独歩
少年の悲哀 国木田独歩
鎌倉婦人 国木田独歩
空知川の岸辺 国木田独歩
酒中日記 国木田独歩
非凡なる凡人 国木田独歩
運命論者 国木田独歩
馬上の友 国木田独歩
女難 国木田独歩
春の鳥 国木田独歩
愛国者 国木田独歩
帽子 国木田独歩
岡本の手帳 国木田独歩
号外 国木田独歩
肱の侮辱 国木田独歩
波の音 国木田独歩
疲労 国木田独歩
窮死 国木田独歩
二老人 国木田独歩
我は如何にして小説家となりしか 国木田独歩
予が作品と事実 国木田独歩
余と自然主義 国木田独歩
独歩吟 国木田独歩
欺かざるの記(抄) 国木田独歩
田舎教師 田山花袋
重右衛門の最後 田山花袋
蒲団 田山花袋
一兵卒 田山花袋
露骨なる描写 田山花袋
付録: 国木田独歩の秘密 : その出生をめぐって 前田重
夫独歩の謎 國木田治
国木田独歩と信子 相馬黒光
田山花袋君の作と生き方 柳田國男
田山花袋論 中村光夫
源おぢ 国木田独歩
武蔵野 国木田独歩
忘れえぬ人々 国木田独歩
6.

図書

図書
名作選定委員会編
出版情報: 東京 : 小学館, 1969.12
シリーズ名: 少年少女世界の文学 : カラー名作 ; 第28巻・日本編3
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
國木田獨歩著 ; 國木田獨歩全集編纂委員会編集
出版情報: 東京 : 学習研究社, 1964.7-1967.9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1卷: 驚異
夏の夜
第2卷: たき火
源おぢ
おとづれ
武藏野
野菊
火ふき竹
忘れえぬ人々
詩想
まぼろし
二少女
河霧
鹿狩
わかれ
無窮
驟雨
關山越
遺言
郊外
初戀
置土産
小春
初孫
歸去來
牛肉と馬鈴薯
巡査
浪のあと
一火夫
湯ヶ原より
富岡先生
畫の悲み
少年の悲哀
園遊會
鎌倉夫人
指輪の罰
第3卷: 空知川の岸邊
酒中日記
神の子
日の出
別天地
非凡なる凡人
運命論者
馬上の友
惡魔
山の力
第三者
正直者
捕虜
女難
親子
一家内の珍聞
雪冤の刃
春の鳥
夫婦
田舍教師
帽子
あの時分
號外
入郷記
戀を戀する人
肱の侮辱
波の音
第4卷: 泣き笑ひ
疲勞
窮死
都の友へ、B生より
湯ヶ原ゆき
都の友へ、S生より
暴風
節操
竹の木戸
二老人
童兒の星の夢
絲くづ
非凡人
怠惰屋の弟子入り
騙術の妙
大飯喰ひ
因果物語 : 支那
黒衣仙 : 支那奇談
舟の少女 : 支那小説
三騙術 : 支那物語
石清虚 : 支那物語
姉と妹 : 支那物語
髯漢 : 支那物語
宿營の二夜
女丈夫
決鬪家
愛國者
人生
第5卷: 愛弟通信
第6-7卷: 欺かざるの記
第1卷: 驚異
夏の夜
第2卷: たき火
8.

図書

図書
小野茂樹著
出版情報: 東京 : アポロン社, 1959.12
所蔵情報: loading…