close
1.

図書

図書
張競, 村田雄二郎編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.6
シリーズ名: 日中の120年文芸・評論作品選 / 張競, 村田雄二郎編 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
心喪の説 吉川幸次郎 [執筆]
中国知識人におくる 実藤恵秀 [執筆]
蔣先生に慙謝す 高村光太郎 [執筆]
屈辱の事件 竹内好 [執筆]
惨勝とはなにか 堀田善衞 [執筆]
四つの文字 林房雄 [執筆]
日本の文化工作者へ 郭沫若 [執筆] ; 飯塚容訳
毛沢東と蔣介石 鹿地亘 [執筆]
心に残ったこと : 日本に帰って 高良とみ [述]
古い中国観への警告 : 対共産圏貿易を恐れるな 村田省蔵 [執筆]
私は新しい人々を見て来た : 中ソより帰りて 南博 [執筆]
ソ連・中国を訪ねて(抄) 南原繁 [執筆]
李徳全さんをお迎えして 平塚らいてう [執筆]
天安門の花火大会 草野心平 [執筆]
古い中国の旅人 小林勇 [執筆]
中国作家協会に招かれて : ペン大会へ誘いたい中ソ両国 野上弥生子 [執筆]
日本の前途 : 日本の降伏五周年を記念して記す 梅汝璈 [執筆] ; 及川淳子訳
日本紀行 謝冰心 [執筆] ; 飯塚容訳
日本人民の貴重な芸術の結晶 : 歌舞伎 梅蘭芳 [執筆] ; 飯塚容訳
日本瑣記(抄) 呉半農 [執筆] ; 及川淳子訳
鎌倉から持ち帰った写真 巴金 [執筆] ; 鈴木将久訳
赤い国の旅人(抄) 火野葦平 [執筆]
軍人の見た新中国 : 毛政権の将来と侵略の可能性 遠藤三郎 [執筆]
過去と未来の国々(抄) 開高健 [執筆]
毛沢東主席との会見 亀井勝一郎 [執筆]
中国女性の"女らしさ" 武田泰淳 [執筆]
町あるき 堀田善衞 [執筆]
「文化大革命」の進展 安藤彦太郎 [執筆]
毛沢東に訴う : 「牛鬼蛇神」その他(抄) 竹内実 [執筆]
あざやかな三原色の国 大宅壮一 [執筆]
新しき長城(抄) 高橋和巳 [執筆]
中国文化大革命を語る : そこには普通の生活がある 武田泰淳 [執筆]
新しいコミューン国家の成立 新島淳良 [執筆]
毛沢東北京脱出の真相 : 激動の中国より帰って(抄) 中嶋嶺雄 [執筆]
井上靖 [執筆]
心喪の説 吉川幸次郎 [執筆]
中国知識人におくる 実藤恵秀 [執筆]
蔣先生に慙謝す 高村光太郎 [執筆]
2.

図書

図書
張競, 村田雄二郎編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.7
シリーズ名: 日中の120年文芸・評論作品選 / 張競, 村田雄二郎編 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日中講和への前提をなすもの 中島健蔵 [執筆]
日中復交の"虚"と"実" 永井陽之助 [執筆]
大国におもねらず小国も侮らず 衞藤瀋吉 [執筆]
講和の原点 竹内好 [執筆]
元陸軍中将、五度の訪中から帰って 遠藤三郎 [執筆]
中日国交正常化前後 : 「共同声明」調印によって開かれた新しい友好の歴史 張香山 [執筆] ; 鈴木英司訳
流民の記憶 司馬遼太郎 [執筆]
中国再訪(抄) 加藤周一 [執筆]
謎だらけの国 有吉佐和子 [執筆]
茅盾氏のこと 堀田善衞 [執筆]
内部 : ある中国報告(抄) 船橋洋一 [執筆]
新旧両面 中野孝次 [執筆]
近代化の一面 中野孝次 [執筆]
北京の布靴 黒井千次 [執筆]
"虱"だらけの指導者・胡耀邦 山崎豊子 [執筆]
中日平和友好条約一〇周年の随想 孫平化 [執筆] ; 及川淳子訳
善隣友好を擁護し、経済協力を強化しよう : 中日平和友好条約一〇周年を記念して 蕭向前 [執筆] ; 及川淳子訳
しののめの空明かり(抄) 水上勉 [執筆]
私と中国 田辺聖子 [執筆]
中国を叱る 宮崎市定 [執筆]
「血で書かれた事実」は隠せない : 歴史に照らして 陳舜臣 [執筆]
中国の悲劇(抄) 中嶋嶺雄 [執筆]
民主化 : 暗転の構図 加々美光行 [執筆]
理性の困惑と理性の怯懦 蘇暁康 [執筆] ; 辻康吾訳
憂慮される中日関係 孫平化 [執筆] ; 及川淳子訳
中日関係の本質と大局 馮昭奎 [執筆] ; 及川淳子訳
近百年の中日関係とその歴史的教訓(抄) 張海鵬 [執筆] ; 及川淳子訳
ユートピアの消滅(抄) 辻井喬 [執筆]
新世紀の第一歩 溝口雄三 [執筆]
万年一等兵の靖国神社 : 死ねば靖国も何もない。ひそかに弔う祈り方を 古山高麗雄 [執筆]
日本の若い世代に希望を託す 杜宣 [執筆] ; 及川淳子訳
胡耀邦さんと極東国際軍事裁判 : 忘れ得ぬ人 山崎豊子 [執筆]
東風は西風を圧倒したか 辺見庸 [執筆]
憎しみに未来はない : 中日関係新思考(抄) 馬立誠 [執筆] ; 及川淳子訳
川端康成とカフカの遺産 余華 [執筆] ; 飯塚容訳
男なるものがいないと 津島佑子 [執筆]
訪日散記 王蒙 [執筆] ; 飯塚容訳
二〇〇二年の北京 瀬戸内寂聴 [執筆]
中国と日本の未来 王安憶 [執筆] ; 飯塚容訳
小説家であることの共通性 中村文則 [執筆]
愛するがゆえに愛する : 文学に、私たち彼我の隔たりと陰影を乗り越えさせる 閻連科 [執筆] ; 舘野雅子訳
にわかチャイナ・ウォッチャーの感慨 島田雅彦 [執筆]
解剖の刃を己に 張承志 [執筆] ; 張承志, 梅村坦訳
日中講和への前提をなすもの 中島健蔵 [執筆]
日中復交の"虚"と"実" 永井陽之助 [執筆]
大国におもねらず小国も侮らず 衞藤瀋吉 [執筆]
3.

図書

図書
張競, 村田雄二郎編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2016.5
シリーズ名: 日中の120年文芸・評論作品選 / 張競, 村田雄二郎編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
没法子 : 天津にて 金子光晴 [執筆]
杭州 小林秀雄 [執筆]
北京の輩に寄するの詩 武田泰淳 [執筆]
土民の顔 武田泰淳 [執筆]
支那と中国 竹内好 [執筆]
中国との文化的接触の道程 藤田嗣治 [執筆]
シナ人のこころ 奥野信太郎 [執筆]
私は信じ私は待つ 草野心平 [執筆]
支那軍の鬼畜性 山川均 [執筆]
山川均先生に 巴金 [執筆] ; 飯倉照平訳
日本の娼婦と文士 郁達夫 [執筆] ; 鈴木将久訳
戦禍の北支雑感 吉川英治 [執筆]
北支事変について 萩原朔太郎 [執筆]
蕭軍より中野重治に 蕭軍 [執筆]
中野重治より蕭軍へ 中野重治 [執筆]
日本獄中生活 謝冰瑩 [執筆] ; 鈴木将久訳
壁のスローガン 謝冰瑩 [執筆] ; 鈴木将久訳
南京より 黄瀛 [執筆]
事変余話 井伏鱒二 [執筆]
日本の友人へ 巴金 [執筆] ; 鈴木将久訳
閘北三義里の戦蹟 佐藤春夫 [執筆]
神聖なる砲声の中で 茅盾 [執筆] ; 鈴木将久訳
恐怖の手段によって屈服させられるものにあらず 茅盾 [執筆] ; 鈴木将久訳
敵の文化破壊から語り起こす 茅盾 [執筆] ; 鈴木将久訳
戦禍の北支上海を行く(抄) 吉屋信子 [執筆]
児童の最大の敵を撃退せよ 老舍 [執筆] ; 鈴木将久訳
上海雑観 三好達治 [執筆]
敵の飛行機と大砲に大いなる感謝を 陳独秀 [執筆] ; 小野寺史郎訳
沈思せよ蔣先生 高村光太郎 [執筆]
支那に対する我が認識不足 桐生悠々 [執筆]
「東亜協同体」の理念とその成立の客観的基礎 尾崎秀実 [執筆]
日本国民に告ぐ 蔣介石 [執筆] ; 山田礼三訳
近衛声明を反駁す 蔣介石 [執筆] ; 山田礼三訳
華僑某君に答ふ 汪兆銘 [執筆] ; 中山樵夫訳
日本に寄す : 中国と東亜 汪兆銘 [執筆]
誤れる支那観の是正 : 漢民族理解のための一つの方法 橘樸 [執筆]
私と日本 周幼海 [執筆] ; 小野寺史郎訳
日本概観(抄) 周幼海 [執筆] ; 小野寺史郎訳
胸中の苦悶 吉田東祐 [執筆]
支那大陸を重視せよ 東洋経済新報 [編]
駱駝行(抄) 室生犀星 [執筆]
満洲の風物 保田與重郎 [執筆]
満洲の印象 小林秀雄 [執筆]
奉天所感 佐多稲子 [執筆]
大連の印象 佐多稲子 [執筆]
爆発 菊池寛 [執筆]
満洲開拓体験記 葉山嘉樹 [執筆]
没法子 : 天津にて 金子光晴 [執筆]
杭州 小林秀雄 [執筆]
北京の輩に寄するの詩 武田泰淳 [執筆]