close
1.

図書

図書
平林美都子編著
出版情報: 東京 : 彩流社, 2020.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石原剛編著
出版情報: 東京 : 彩流社, 2019.9
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
杉野健太郎編集責任 ; 諏訪部浩一, 山口和彦, 大地真介編著
出版情報: 東京 : 三修社, 2019.10
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
木谷厳編著 ; 小川公代 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 北樹出版, 2014.10
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
平石貴樹, 後藤和彦, 諏訪部浩一編
出版情報: 東京 : 松柏社, 2013.4
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
石田久, 服部典之編
出版情報: 東京 : 英宝社, 2013.12
シリーズ名: 阪大英文学会叢書 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シェイクスピアの作品における移動と空想 田邊久美子 [執筆]
アビシニアン・ジョンソン 服部典之 [執筆]
『生命論』と一九世紀社会進化論 : コウルリッジからスペンサーへ 中村仁紀 [執筆]
閉ざされた空間に描く旅 : キーツとソネット 村井美代子 [執筆]
「小説の時代」の終焉 : 三巻本小説の衰退と三文文士の退場 麻畠徳子 [執筆]
「生き埋め」のキャサリン・アーンショー : 『嵐が丘』におけるゴシック 片山美穂 [執筆]
キャロラインの物語間移動 : サッカレーの『フィリップ』再考 市橋孝道 [執筆]
ドロシアは何も創り出せずに終わった後世のテレサなのか : 「移動」で読み解くエリオットのドロシア評価 馬渕恵里 [執筆]
『森林地の人びと』における階級移動 : グレイスの結婚 伊藤佳子 [執筆]
『人間の絆』の本国に留まる主人公について 乙黒麻記子 [執筆]
移動する痣 : ホーソーンからソール・ベローへ 鈴木元子 [執筆]
冒険・成長・拡張 : 『ワンダー・ブック』の英雄表象と一九世紀アメリカのマスキュリニティ 小久保潤子 [執筆]
『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』におけるアナクロニズム : ジャンル横断的/大西洋横断的ロマンス受容 関良子 [執筆]
メスメルの影の下に : 『鳩の翼』における無意識の世界への旅 高橋信隆 [執筆]
『ライ麦畑でつかまえて』の「移動」をめぐって : ホールデン・コールフィールドのマンハッタンの歩き方 仲渡一美 [執筆]
「クレージー・キルト」としての『メリディアン』 阪口瑞穂 [執筆]
『パリ、テキサス』における寡黙な男の「移動」 森本道孝 [執筆]
シェイクスピアの作品における移動と空想 田邊久美子 [執筆]
アビシニアン・ジョンソン 服部典之 [執筆]
『生命論』と一九世紀社会進化論 : コウルリッジからスペンサーへ 中村仁紀 [執筆]
7.

図書

図書
中央大学人文科学研究所編
出版情報: 八王子 : 中央大学出版部, 2013.3
シリーズ名: 研究叢書 / 中央大学人文科学研究所編 ; 57 . 愛の技法||アイ ノ ギホウ ; [正]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ルネサンスにおける友愛のポリティクス : シェイクスピアと同時代の政治劇に読む友情の曖昧さ 米谷郁子著
「お家物」か「人情的小説」か、それが問題だ : 宇田川文海と『ロミオとジュリエット』 近藤弘幸著
エリザベス・ギャスケルの『北と南』をクィアする 大田美和著
ヘロデから見た『サロメ』の世界 森岡実穂著
「友人」と「親族」の狭間で : エリザベス・ボウエンの初期小説に見るクィアな小説空間 長島佐恵子著
南部美人という伝説 : キャサリン・アン・ポーターの「昔の人たち」 坂本美枝著
喪失にあって語るということ : セジウィックの「白いめがね」とアイデンティフィケーションをめぐるアンビバレンス 清水晶子著
ルネサンスにおける友愛のポリティクス : シェイクスピアと同時代の政治劇に読む友情の曖昧さ 米谷郁子著
「お家物」か「人情的小説」か、それが問題だ : 宇田川文海と『ロミオとジュリエット』 近藤弘幸著
エリザベス・ギャスケルの『北と南』をクィアする 大田美和著
8.

図書

図書
文学と評論社編
出版情報: 東京 : 英宝社, 2013.5
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
松本昇, 東雄一郎, 西原克政編
出版情報: 東京 : 国文社, 2012.8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
花嫁の幽閉と逆襲 : エリザベス、モレラ、ライジーア 伊藤詔子 [著]
「わたしがこれまで出会った唯一の亡霊」 : 一八六〇年代前半のエミリ・ディキンスンとハリエット・プレスコット・スポフォードのゴシック小説 金澤淳子 [著]
亡霊の墓碑銘 西原克政 [著]
ポーとナボコフの亡霊の声 三浦笙子 [著]
マーク・トウェインと交霊術 : 『アメリカの爵位権主張者』(一八九二)と「霊の肉体化」計画 中垣恒太郎 [著]
奴隷制のトラウマと心霊現象 : P・E・ホプキンズの『一つの血から』について 中地幸 [著]
見える亡霊、見えない亡霊 : ナボコフの異界と父たち 中田晶子 [著]
シルヴィア・プラスと内なる子供の声 : 「私の内にはどうしても静まらぬ声がある」(一九四八) 小泉由美子 [著]
『魔法の樽』から飛び出した亡霊たち : 苦悩し彷徨う霊 君塚淳一 [著]
かくも愛しき亡霊たち : レベッカ・ゴールドスタイン『ダーク・シスター』 坂野明子 [著]
亡霊化されたゴーレム : セイン・ローゼンバウムの『ゴッサムのゴーレムたち』 伊達雅彦 [著]
チカーノのアイデンティティ形成における亡霊 : 「英雄」「風景」「死の共同体」 井村俊義 [著]
環大西洋の亡霊たち 梶原克教 [著]
亡霊が語る「語りえないこと」 : ゾラ・ニール・ハーストンの『路上の塵の跡』における補遺 田中千晶 [著]
ヴィクトリアン・ゴーストの潜む場所 : カリブ海地域の文学にみる「亡霊」の表象をめぐって 岩瀬由佳 [著]
肉体をもった奴隷の亡霊 : 『ビラヴィド』における声と文字の輻湊 峯真依子 [著]
ルドルフ・フィッシャーとまじない師のシグニファイン 平尾吉直 [著]
十字路を描くマフムード・ダルウィーシュの亡霊 小泉純一 [著]
『小さきものたちの神』再考 西垣内磨留美 [著]
亡霊が語る亡霊物語 : フォークナーの『アブサロム、アブサロム!』 山嵜文男 [著]
T・S・エリオットとハート・クレインの亡霊 東雄一郎 [著]
スタインベックのアイロニック・エデンにおける呪い : 土地に潜む魔力 大須賀寿子 [著]
祖父の亡霊とギリシャ悲劇の接点 : ラルフ・エリスンの『見えない人間』 松本昇 [著]
『ママ・デイ』における記憶と歴史 : 対抗言説としてのゴースト・ナラティヴ 馬場聡 [著]
『幽霊たち』におけるホイットマンの亡霊 : 書き換えられる自己の歌 川崎浩太郎 [著]
亡霊とノスタルジア : シャーマン・アレクシーと脅迫する過去 長岡真吾 [著]
亡霊たちがもたらす危うい生 : ドン・デリーロの小説におけるスロー・アートの政治性 川村亜樹 [著]
花嫁の幽閉と逆襲 : エリザベス、モレラ、ライジーア 伊藤詔子 [著]
「わたしがこれまで出会った唯一の亡霊」 : 一八六〇年代前半のエミリ・ディキンスンとハリエット・プレスコット・スポフォードのゴシック小説 金澤淳子 [著]
亡霊の墓碑銘 西原克政 [著]
10.

図書

図書
新田玲子編集
出版情報: 東京 : 音羽書房鶴見書店, 2012.10
所蔵情報: loading…