close
1.

図書

図書
川村邦光著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2015.8
シリーズ名: 中公新書 ; 2334
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
川村邦光 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2012.10
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
鎌田東二編著 ; 島田裕己 [ほか著]
出版情報: 東京 : 春秋社, 2007.2
シリーズ名: 思想の身体
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
川村邦光著
出版情報: 東京 : 学生社, 2005.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
川村邦光著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2004.7
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; [カ-25-1]
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
赤坂憲雄 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.2
シリーズ名: いくつもの日本 / 赤坂憲雄 [ほか] 編集委員 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
社会・文化イメージにおける女と男 三浦佑之著
出産における女と男 新村拓著
女人禁制と現代 鈴木正崇著
"卑弥呼たち"の物語 : 女と男/公と私 義江明子著
古代の家族 田中良之著
アイヌにおける母系と父系 藤村久和著
オキナワにおける兄妹の紐帯 : 琉球弧のヲナリ神 島村幸一著
性の越境 : 中世の宗教/芸能/物語における越境する性 阿部泰郎著
堕胎・間引きから水子供養まで : 日本の中絶文化をめぐって 荻野美穂著
性の民俗 : ワイセツの近代 川村邦光著
社会・文化イメージにおける女と男 三浦佑之著
出産における女と男 新村拓著
女人禁制と現代 鈴木正崇著
7.

図書

図書
[沼野充義ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.8
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき : 日常を超えたものと向き合うために 沼野充義著
夢: エクスタシー体験と宗教文学 川村邦光著
「心」の光学 : ホフマンの「魔法の眼」について 石光泰夫著
夢と狂気 : ネルヴァルからシュルレアリスムまで 野崎歓著
難民文学の希望と夢 西成彦著
幻想の文学: 江戸小説のシンクレティズム : 典拠の秘匿と『八犬伝』 高田衛著
ロシア・ユートピアニズムの詩学 沼野充義著
伝統宗教と文学: 文学的想像力論 箭川修著
ドストエフスキーのキリスト教 : 『カラマーゾフの兄弟』を中心に 安岡治子著
二つの預言者讃歌 : 改宗譚・奇蹟譚とイスラム詩の伝統 杉田英明著
如是我聞の文学 : 日本における対話様式の系譜 阿部泰郎著
中世神道と文学 : 「ちはやぶる」をめぐって 伊藤聡著
まえがき : 日常を超えたものと向き合うために 沼野充義著
夢: エクスタシー体験と宗教文学 川村邦光著
「心」の光学 : ホフマンの「魔法の眼」について 石光泰夫著
8.

図書

図書
山本幸司 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.11
シリーズ名: 岩波講座天皇と王権を考える / 網野善彦 [ほか] 編集委員 ; 第10巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序論 山本幸司
貴族たちの見た院と天皇 美川圭著
武士にとっての天皇 高橋典幸著
江戸幕府の天皇観 藤田覚著
「一木一草」への視線 : 中国から見た天皇制論議 孫歌著
天皇と巡幸 羽賀祥二著
「国体」の視覚化 : 大正・昭和初期における天皇制の再編 原武史著
天皇家の婚姻と出産 川村邦光著
メディアとしての天皇制 : 占領から高度成長へ 吉見俊哉著
フランツ=ヨーゼフの万華鏡 : 近代皇帝の肖像 大津留厚著
北欧の王室 : 社民型福祉国家と王制 岡沢憲芙著
朝鮮半島における王権の正統性 伊藤亞人著
序論 山本幸司
貴族たちの見た院と天皇 美川圭著
武士にとっての天皇 高橋典幸著
9.

図書

図書
山折哲雄, 川村邦光編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1999.7
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
山折哲雄, 長田俊樹編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 1998.11
シリーズ名: 日文研叢書 = Nichibunken Japanese studies series ; 17 . 国際日本文化研究センター共同研究報告||コクサイ ニホン ブンカ ケンキュウ センター キョウドウ ケンキュウ ホウコク
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本人とキリスト教 : 半・日本人クライシスについて 山折哲雄 [執筆]
東方の三博士 : キリシタンの聖書翻訳 米井力也 [執筆]
犠牲としてのキリシタン : 殉教と旅の重さ 川村邦光 [執筆]
日本における『宗教』概念の形成 : 井上哲次郎のキリスト教批判をめぐって 島薗進 [執筆]
民俗・民衆宗教としてのキリスト教の文脈化 : 沖縄県の聖霊運動を手がかりとして 池上良正 [執筆]
日本人とネストリアン 井上章一 [執筆]
石川淳の聖痕 : 機械としてのキリスト教 小谷晴勇 [執筆]
『新世紀エヴァンゲリオン』と Material children 多田伊織 [執筆]
禁断の果実 島田裕巳 [執筆]
日本人のキリスト教受容とその理解 宮崎賢太郎 [執筆]
魂とスパイス : 十六世紀のポルトガル植民地政策とイエズス会士ルイス・フロイス エンゲルベルト・ヨリッセン [執筆]
潜伏キリシタンの終末論 : 民俗宗教の世界観として 紙谷威廣 [執筆]
インドにおける二つのキリスト教 : 村と聖地 田中雅一 [執筆]
インド・日本・キリスト教 : はたしてバイアスなき宗教研究は成り立つのか 長田俊樹 [執筆]
日本人とキリスト教 : 半・日本人クライシスについて 山折哲雄 [執筆]
東方の三博士 : キリシタンの聖書翻訳 米井力也 [執筆]
犠牲としてのキリシタン : 殉教と旅の重さ 川村邦光 [執筆]