Blank Cover Image

タイトルと所在が表示されます

論集和歌とレトリック

フォーマット:
図書
責任表示:
和歌文学会編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 笠間書院, 1986.9
形態:
289p ; 20cm
著者名:
和歌文学会 <DA00867289>  
シリーズ名:
和歌文学の世界 / 和歌文学会編 ; 第10集 <BN00803350>
目次情報:
心と詞 : その歌論史的序説 藤平春男 [著]
枕詞 : その始原性から和歌的修辞法への位相 駒木敏 [著]
序詞 : 比喩意識の明確化とつなぎの構造 稲岡耕二 [著]
掛詞・縁語 : 『古今集』におけるその様相 菊地靖彦 [著]
「見立て」とその時代 : 古今集表現史の一章として 片桐洋一 [著]
歌枕 : 季節の去来をめぐって 川村晃生 [著]
本歌取り考 : 成立に関するノート 松村雄二 [著]
八代集の体言止 柏木由夫 [著]
和歌の韻律 赤羽淑 [著]
題 : 「結題」とその詠法をめぐって 田村柳壹 [著]
贈答歌のからくり 増田繁夫 [著]
和歌とことばあそび 久富木原玲 [著]
引歌 : 源氏物語の位相 河添房江 [著]
歌文融合 : 中世文学における和歌と散文とのかかわり 松尾葦江 [著]
心と詞 : その歌論史的序説 藤平春男 [著]
枕詞 : その始原性から和歌的修辞法への位相 駒木敏 [著]
序詞 : 比喩意識の明確化とつなぎの構造 稲岡耕二 [著]
掛詞・縁語 : 『古今集』におけるその様相 菊地靖彦 [著]
「見立て」とその時代 : 古今集表現史の一章として 片桐洋一 [著]
歌枕 : 季節の去来をめぐって 川村晃生 [著]
続きを見る
書誌ID:
BN01497271   CiNiibooks
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

和歌文学会

笠間書院

黒田, 彰子(1951-)

和泉書院

和歌文学会

笠間書院

宮本, 徹也

教育出版センター

和歌文学会

桜楓社

風間書房

大岩, 徳二

桜楓社

和歌文学会

笠間書院

大谷, 雅夫(1951-)

岩波書店

11 図書 和歌文学講座

和歌文学会

桜楓社

和歌文学会

桜楓社

12 雑誌 和歌文學研究

和歌文学会

和歌文学会